ILACA

~願いを込めた瓦~
いつまでも「瓦」ないで

鬼瓦について

瓦は古来より雨露をしのぐだけでなく、願い事を形にして屋根の上にあげ、魔除けや福を呼ぶまじないとして永く親しみ愛されてきました。

月の額飾り鬼瓦
月にはその光が浄化作用を持っていると言われています月を題材にしたおとぎ話が数多くあるように 優しく輝く月はいつも身近な存在でした
太陽の額飾り鬼瓦
熱く燃える太陽は光の恵みと元気を与えてくれますあふれるほどの力強さといつまでも輝き続ける永遠の姿を表しています
星の額飾り鬼瓦
星に願いをかける風習は遠くいにしえの昔から行われてきました満天の星空を見上げながら遥かかなたの輝く星に胸に秘めた思いをはせるのはいかがでしょうか
剣の額飾り鬼瓦
剣は王位の象徴とされ魔法の力を持ち自己の迷いに打ち勝つ偉大な武器とされてきました自身を清め強い人になろうとする願いが込められています
王の文字の額飾り鬼瓦
王の文字は最も位の高い国の君主を意味します一つの分野の第一人者を指すことも頂点を目指して成功や財を成す願いが込められています
太平の文字の額飾り鬼瓦
王位に立つ人は良い行いをすることをいつも心がけていますいつまでも太平の世が続きますようにと永遠の願いを文字にしてゆるぎない思いを刻んでいます
打ち出の小槌の額飾り鬼瓦
それを振ればなんでも思い通りのものが出てくると言うまことに不思議な宝物それが打ち出の小槌です京の町屋の蔵の上には巾着と一緒によく登場します
鍾馗さん
唐の玄宗皇帝の夢枕に現れて邪鬼を退治し病を治癒しました玄関の屋根の上から家族と家を守っています京の町家の屋根にたくさんのっているので探してみてね
宝珠の額飾り鬼瓦
宝珠とはなんでも願いを叶えてくれるとても神秘的な宝の玉のこと京の町屋の蔵の鬼瓦にも打ち出の小槌と一緒によく描かれています
経典の額飾り鬼瓦
経典はお釈迦さまの説かれた教えを書きしるした仏教の聖典のことです智慧の神様の持ち物であるとともに智慧を授かり平和に導く教えを表しています
輪宝の額飾り鬼瓦
お釈迦さまの化身として人々に篤く信仰されてきた法具を図案化したものです輪宝が大地をかけまわり不安や悩みを打ち払ってほしいとの願いが込められてきました
蓮の軒巴文様
蓮は泥より出でて泥に染まらず蓮の華は清らかさの象徴として太古より用いられ如来像の台座にも描かれています飛鳥時代の軒巴瓦の文様は蓮のデザインでした
巾着の額飾り鬼瓦
金銭を入れて持ち歩く巾着にはお金がたくさんたまりますようにとの願いが込められています京の町屋の鬼瓦にも打ち出の小槌と一緒によく登場します
水の額飾り鬼瓦
水の渦巻き流れる様子を表しています古来より火災除けのまじないとして重宝されてきました京の町屋の鬼瓦にもよく描かれています
桃の額飾り鬼瓦
3月3日の雛祭りは桃の加護によって女の子の健やかな成長を祈る行事です京の町屋のお座敷では桃の節句を大切に受け継ぎ素敵な雛人形を飾ってきました
龍の鬼瓦
天空に昇り自在に飛翔する龍は出世栄達をもたらすものとして崇められてきました京の寺院の辰巳の方角そこが龍の鬼瓦の住みかですたくさんあるから訪ねてみては
五色の雲の額飾り鬼瓦
五色の雲は徳を積む・長生きをする財力がある・病にかからない天寿を全うする人としての五つの幸福を表しています京の都の五色の雲もきれいな色に彩られていました
頭巾の額飾り鬼瓦
京の山寺をのぞむ山伏には病から身を守るための重要な役目の頭巾はとくに欠かせない大切なものを暑さ寒さなどの気温の変化や病気から守りたいそんな願いが込められています

お寺さんや町家の屋根瓦と同じ材料と焼製方法(いぶし瓦)で作っています。

Kawara Craft Studio ILACA
ミニチュア瓦グッズ専門店
Kawara Craft Studio ILACA
京都市右京区嵯峨天龍寺車道町10(JR嵯峨嵐山駅前)
TEL 075-861-0314 / FAX 075-861-6498
営業時間 10:00~17:00
(嵐山花灯路期間中は20:30まで)
定休日 不定休

おすすめコンテンツ

  • 甍技塾 徳舛瓦店
  • ネット通販
  • 嵯峨・嵐山ぶらぶら散策マップ
  • ミニチュア瓦って何?
  • 鬼瓦について
  • 瓦が愛され(続け)る理由
  • カワラ・クラフト
  • お土産・贈り物
  • 記念品・ノベルティ
  • 今日から瓦ラバーズ
  • お店のご案内

ページの先頭へ