ILACA

お店での出来事やお知らせ、新しい商品など、日々のことをブログでご案内いたします。

嵐山のお土産、お香立てを作りました。

2014/02/28(金)カテゴリ:ミニチュア瓦

お香立て1.JPG

お香立てを作りました。このほかにもたくさんの種類があります。お皿とセットにすることもできます。

続きを読む

嵐山で作るオリジナルのミニチュア瓦を並べてみました。

2014/02/25(火)カテゴリ:ミニチュア瓦

いろいろなミニ鬼瓦.JPG

ミニチュア瓦を並べてみました。

続きを読む

大覚寺聖天堂の巴蓋瓦と鬼瓦。

2014/02/15(土)カテゴリ:屋根瓦

大覚寺聖天堂1.jpg

大覚寺聖天堂(聖天堂)の巴蓋(ともえぶた)瓦と鬼瓦です。

大覚寺聖天堂2.jpg大覚寺聖天堂3.jpg

左側の写真は菊の巴蓋瓦です。右側の写真は御所型の隅鬼瓦です。中央に十六菊の紋を入れて作りました。

聖天堂は、大沢の池のほとりにたたずんでいます。

大覚寺聖天堂4.jpg

続きを読む

嵐山 kawara craft studio ILACA の表札desu.。

2014/02/06(木)カテゴリ:お知らせ

表札.JPG

表札を作ってみました。このほかにもいろいろな形で表札をつくることができます。

建物の玄関にもステンレスの金具で取り付けることができます。

続きを読む

誓願寺(せいがんじ)鐘楼の鬼瓦

2014/02/02(日)カテゴリ:屋根瓦

誓願寺1.JPG

誓願寺は京都の新京極通りのちょうど真ん中にある、浄土宗西山深草派の総本山のお寺です。写真は、鐘楼(しょうろう)の大棟の鬼瓦で、額(ひたい)に太陽(日輪)の飾りをつけています。葺き替えるときに、古い鬼瓦の通りに復元して作りました。

誓願寺3.JPGのサムネイル画像

古い鬼瓦の右の側面には、『享保七年壬寅二月吉日』と書かれています。享保(きょうほう・きょうほ)七年は、1722年で今から305年前です。江戸幕府将軍は徳川吉宗で、小石川養生所をこの年に作っています。

小石川養生所といえば、江戸町奉行の大岡越前守忠相(えちぜんのかみただすけ)ですね。徳川吉宗と一緒に享保の改革を主導し、設営した小石川養生所は幕末までの140年間貧民救済施設として機能しました。

誓願寺4.JPG

左の側面には、『城劦紀伊郡深草住 瓦師角道長兵衛』と作者の名前が書いてありました。江戸時代には、京都の伏見深草(ふしみふかくさ)は山城国紀伊郡にありました。そこに住んで瓦を作っていた瓦師の角道長兵衛さんが自分のサインを残しています。

 

続きを読む


おすすめコンテンツ

  • 甍技塾 徳舛瓦店
  • ネット通販
  • 嵯峨・嵐山ぶらぶら散策マップ
  • ミニチュア瓦って何?
  • 鬼瓦について
  • 瓦が愛され(続け)る理由
  • カワラ・クラフト
  • お土産・贈り物
  • 記念品・ノベルティ
  • 今日から瓦ラバーズ
  • お店のご案内

ページの先頭へ