ILACA

お店での出来事やお知らせ、新しい商品など、日々のことをブログでご案内いたします。

となりの人間国宝さんに認定!

2014/03/29(土)カテゴリ:お知らせ

先日、関西テレビのよ~いドンのとなりの人間国宝さんの取材で、
円広志さんと天童よしみさんが来店されて、取材を受けました。
4月初旬の放映だそうです。


20140329ningenkokuho-1

となりの人間国宝さんにも認定していただいて、そのステッカーももらいました!

20140329ningenkokuho-2

続きを読む

鴟尾(シビ)瓦を作りました。

2014/03/28(金)カテゴリ:屋根瓦

楽法寺2.JPG

茨城県桜川市楽法寺の鴟尾瓦の製作中の写真です。3尾作りました。

楽法寺3.JPG

鬼瓦は古代鬼面(こだいきめん)の形状で作成しました。

楽法寺1.JPG

焼きあがった鴟尾瓦を取り付けているところです。

 

続きを読む

御祓いをしていただきました。

2014/03/22(土)カテゴリ:日常

3月21日(金)に野宮神社の懸野宮司に店に来ていただき、
お店と商品と石膏型と職人の御祓いをしていただきました。

ILACAと皆様方との良き縁が結ばれますように。

野宮神社

20140322-oharai

続きを読む

大雲院南谷別院の開山廟の瓦葺きが完了しました。

2014/03/19(水)カテゴリ:屋根瓦

大雲院南谷別院の開山廟の瓦葺きが完了しました。

P3190001.JPG

鬼瓦は島津家の家紋と形を復元して作成しています。

IMG_7847.jpgIMG_7872.jpg

続きを読む

嵐山 ILACA ミニチュア鬼瓦を作成中

2014/03/16(日)カテゴリ:日常

作製中1.JPG

ミニチュア鬼瓦を只今作っています。石膏型に瓦の粘土を入れて型押しをしているところです。

おばあちゃんがヒット商品の鬼瓦Tシャツを着て作業をしています。

横にいるのはプードルの『ロバート』、とてもかしこく座っています。

ちなみにこの鬼瓦Tシャツを考案したのは、九州の瓦屋さんに嫁いだ妹です。

続きを読む

常寂光寺妙見宮の瓦と私の思い。

2014/03/08(土)カテゴリ:屋根瓦

常寂光寺妙見宮1.JPG

常寂光寺は京都嵯峨野の小倉山山麓に位置する日蓮宗の寺院です。妙見宮は本堂の南にたたずんでいます。鬼瓦は経の巻型です。

常寂光寺妙見宮2.JPG

棟の熨斗瓦(のしかわら)は一枚一枚が大きく反っています。これはわざと反った瓦を作って積んだものです。瓦は焼きものですから色むらやねじれがあります。この不揃いなものを組み合わせて全体に揃(そろ)わすことが、日本建築の優美さだと思います。

常寂光寺妙見宮3.JPG

そこに太陽の光線が当たってさまざまな陰影ができます。

『不揃いに揃わす』。これは私が一番大事にしているところです。それによって、屋根に優雅さや勢い、鋭さや強さ、上品さや雄大さ、大きく見えたり威厳を出したり優しく見えたりといろいろな試みができます。

ちなみに私の会社も、いろいろな人格の職人が集まり、大事をなすために方向を一つにして進んでいます。会社自体も不揃いに揃っています。

 

 

続きを読む

瑞春院の鬼瓦

2014/03/05(水)カテゴリ:屋根瓦

瑞春院1.JPG

瑞春院(ずいしゅんいん)は、京都御苑の北に位置する相国寺の塔頭(たっちゅう)です。水上勉の『雁の寺』と水琴窟(すいきんくつ)が有名です。写真は奥側が庫裡、手前側が玄関です。

瑞春院2.JPG瑞春院3.JPG

庫裡の大棟の鬼瓦は古いものを修理して再度屋根にあげました。鬼面の顔と胴体が切り離されて作られていて、後から銅線で留め付けました。

瑞春院4.JPG瑞春院5.JPG

鬼瓦の右側面には、『嘉永二年己酉二月吉祥日 瓦師細工人 興吉作』。左側には、『皇都小松原村 御用瓦工 内田平右衛門』と書かれています。

嘉永(かえい)二年は1849年、今から178年前です。この年の4年後に東インド艦隊のペリー提督が4隻の黒船を率いて浦賀沖へ来航しています。

続きを読む


おすすめコンテンツ

  • 甍技塾 徳舛瓦店
  • ネット通販
  • 嵯峨・嵐山ぶらぶら散策マップ
  • ミニチュア瓦って何?
  • 鬼瓦について
  • 瓦が愛され(続け)る理由
  • カワラ・クラフト
  • お土産・贈り物
  • 記念品・ノベルティ
  • 今日から瓦ラバーズ
  • お店のご案内

ページの先頭へ